兵庫県 たつの市 龍野御坊 圓光寺
龍野御坊 圓光寺
お知らせ
トップ掲示伝道圓光寺の由来圓光寺と石山合戦圓光寺と宮本武蔵圓光寺所在地お問い合わせ

お知らせ
>>お知らせ一覧

昨年度の志納金について
昨年の12月にお願いした志納金は、一般志納金は全体の98.7%本徳寺積立金は全体の78.8%の御進納を賜りました。門徒の皆様のご厚志に衷心より御礼申し上げます。いまだ未納の方には何とぞ御進納の程お願い申し上げます。

2021年06月21日
 
圓光寺が小説に登場します。
津本陽著 「宮本武蔵」 文藝春秋 に圓光寺が登場します。どうぞご高覧下さい。

2021年04月05日
 
圓光寺がTVで放映予定です。
毎日放送土曜日の住人十色という番組で圓光寺が放映される予定です。時間は午後5時からです。12月26日の予定です。どうぞご高覧下さい。

2020年11月05日
 
月忌勤め・逮夜勤め
故人の亡くなられた日を命日と言いますが、月ごとの命日を月忌といい、年一回の月日が同じ命日を祥月命日と呼びます。古来、命日は「忌日」つまり精進日として家族がつつしみの生活をとおして故人を偲ぶ日となっています。そして命日には、お寺でお勤めを願うか自宅のお内仏で月忌勤めのお経を頂く習慣があります。また命日をむかえる前夜の事を「逮夜」といい、逮夜勤めが行われてきました。例えば、故人が十月三日に亡くなったとしますと、@毎月の三日が命日、二日が逮夜日@毎年の十月三日が祥月命日@何年かに巡りくる年忌の法事というように、おつとめも軽いものから次第に重くなります。しかし毎月のお勤めが軽いといっても、大切な仏事にはかわりありません。毎月の命日か逮夜日に僧侶を招いて読経をねがう月忌参りは、けっして故人だけにお経をあげてもらうということではありません。大切なことは故人をとおしてともに家族のものが仏の教えにふれることです。月忌参りのお勤めを「お経に遇う」と喜び、家族のもの皆がお参りするのが真宗門徒の伝統です。 ----門徒の仏事より

2020年11月02日
 
東本願寺がYouTube法話を配信しています。

2020年10月19日
 

<<前の5件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次の5件>>


トップライン掲示伝道[Words on Buddhism]ライン由来ライン圓光寺と石山合戦ライン圓光寺と宮本武蔵ライン圓光寺所在地ラインお問い合わせ
〒679-4177 兵庫県たつの市龍野町下川原101 TEL 0791-63-0485

Copyright (C) 2010 Enkoji All Rights Reserved.